読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙を、めくれば。

めくれ。めくれ。めくれ。(紙)読後感想文です。

ダイヤモンドダスト

今回ご紹介するのは、南木佳士氏の『ダイヤモンドダスト』よ。南木佳士氏って、お医者さんなの。お医者さんの傍、文章も書いてるってわけよね。また、信州に住んでいらして、信州は、よく氏の作品の舞台になってることが多いわ。そろそろ、『信州の医療関係者サーガ』みたいな氏の作品群を総称した名前が生まれそうなところよね。

あとそうそう、南木佳士氏の作品は、よく大学受験の問題になってたり、予備校が作る模試の問題文としてお目にかかることが多かったわ。私の場合はね。まぁだから、出題者にファンが多い作品をよく書いた人って言うことも、できるかもしれないわね。実際、私が初めて氏の作品に出会ったのは、浪人時代に受けた模試の中の『タオルと銃弾』だったわ。今でも鮮明に覚えてるの。確か木陰で医療関係者が全員座り込むシーンがあるのよ、『タオルと銃弾』の中に。もう私たちにできることはないんだ、みたいにね、あれを読んだ時はもう解答どころじゃなかった。そんなことはもうどうでもよくなったのよ。そういう気にさせてくれる作品だったし、そういう作品を作ることに長けた人なのかもしれないわ。あるいは、それを見越して出題者は問題文に選んできてたのかもしれないわね。ただ、とにかく問題文を愛らしくずっと眺めてたの。

この「ダイヤモンドダスト」も、そんな南木佳士氏の、『信州の医療関係者サーガ』に該当する物語の一つで、何より、氏の代表作だわ。そんなに長い作品ではないから、ほんとに3時間もあれば、余裕で読めちゃうわね。私が氏の作品が好きなのは、氏の作品には、ちゃんと人間の匂いがするのよ。どの作品においてもね。本当に人間が好きじゃないと、氏のような作品は書かないと思うわ。

 

「女が頬にまとわりつく長めの髪を大きく首を振ってよけると、コートの上の落葉が数枚舞った」

 

「そのとき、彼女の左上腕の内側に長い手術跡を認めた和夫は、気づかれないように少しだけ視線を移して、唐松林の向うに圧倒的な迫力でそびえる火山の話を始めた。」 

 

女性の長い髪の毛が頬にまとわりついてる感じとか、またそれを振ってよける感じとか、ちょっと助兵衛な気もするけど、人に興味がないとちょっと書けないわ。最近の日本の小説家?は、あんまり対人関係に強くないだとか、あんまり人に興味がない人が多いのかもしれないわね。

 

作中にマイク・チャンドラーっていう、えっちな宣教師が出てくるの。間違いなく、この作品の鍵となる人で、私はこの人がすっごく好きなの。だからわざわざブログにしたのかもしれないわね。

主人公の和夫が看護師として働く病院に、このマイク・チャンドラー氏は入院してくるの。入院して間も無く言った言葉がこれよ。

 

「こんな姿になってしまって、もう夏のギャルをひっかけることもできないですよ」

 

私は是非あなたの永遠の夏のギャルになりたいわ。あとはこれね。

 

「戦争でミサイルを撃ったし、私の長小型ミサイルでよく女も撃ちました。でも、これで撃ち止めですね」

 

ちょっともう〜、マイク。もう少しその話、詳しく聞かせて?って、思わずにはいられない科白よね。で、そんなチャンドラー氏の病室に主人公の和夫さんのお父様が入院してくる、といったことが物語の中では起こるのよね。そして、そのお父様が退院してから、チャンドラー氏が死に近づいていくんだけど。夜中にナースコールが押されてね、マイクと和夫の二人のシーンがあるのよ。このシーンはもう是非とも読んでほしいわ。非常に巧妙で素敵なシーンが出来上がっているのよ(あんまりネタバレはしたくないから、これ以上言わないけど)。もうほんとに、騙されたと思って一回読んでみてほしいわ。

そして、水車が物語の最後辺りにでてくるのね。水車ってなかなか見ないからか、私はとっつきにくかったんだけど、この作品の中では、本当に情景が上手く浮かぶようになってるの。

 

なんだか美しいシーンを切り取って、集めて、貼っつけていったら、こうなった。みたいな作品かもしれないわね。それでいてストーリーが成り立っていて、きちんと最後、集約されているから、凄いわ。老若男女、誰が読んでも、どこか、しっくりくるような作品じゃないかしら。本を閉じた時に、ちょっと目を閉じてみたくなるような、そんな作品かもしれない。
誰にでもおすすめできる作品なのは間違いないわね。この春、なんとなく瞼が重いなと思ったら、是非手にとってみてほしい作品でした。以上。おしまい。

 

 

 

虚無虚無